1 保険契約の調査

 生命保険契約は、保険契約者や被保険者が誰かなどによって相続財産であったり、相続財産ではない固有の財産(相続税法のみなし相続財産)であったりします。 保険証券があれば判断できますが、通帳から保険料が引き落とされているのに、証券が見当たらないケースもありますし、保険料を生前に一括払いしているケースでは通帳の履歴ではわからないケースもあります。

2 対処方法

 そのため、弁護士が相続財産調査を受けた場合には、生命保険協会や損害保険協会に対して、弁護士法23条の2に基づく照会を行います。上記照会を行うと、協会経由で加盟保険会社に契約の有無を照会されるので、保険契約の存否が判明することになります。

3 お困りの場合には

 生命保険契約があるかわからないということでお困りの場合には、是非たちばな総合法律事務所へご相談ください(初回30分無料)。法務面と税務面の両面から助言いたします。
ご相談のご予約は、https://law-tachibana.sakura.ne.jp/law-tachibana.jp/contact/ 又は06-6770-7212にお電話いただいてご予約いただき、お気軽にご相談ください。

関連情報

関連する取扱分野

事業承継・相続の記事

遺産相続・遺言書に役立つ書式集
  • 橘高和芳弁護士が担当した遺産相続に関する事例が
「金融・商事判例 No.1553号」(2018年11月15日号)
に掲載されました。
  • 弁護士・税理士 橘高和芳が
週刊ダイヤモンド「相続&事業承継(決定版)」(2018年12月号)
に掲載されました
  • 相続問題事例
  • 遺産相続・遺言書に役立つ書式集
  • 遺産相続トラブル解決チャート
  • 2016年10月 日経MOOK「相続・事業承継プロフェッショナル名鑑」のP84に「羽賀・たちばな会計事務所」が、P134に「たちばな総合法律事務所」が掲載されました。
  • 弁護士・税理士 橘高和芳が
「フジサンケイビジネスアイ」
に掲載されました
(2015年11月2日(月)27面)
  • 旬刊「経理情報」2016年4月20日号(NO.1444)に「D&O保険の保険料にかかる税務ポイント」を寄稿いたしました。