遺言で遺留分は価額賠償によると指定できるか?

2017.5.16

1 遺言での減殺すべき財産の指定は可能

 遺言では、遺留分についてどの相続財産から減殺するべきか指定することができます。民法1034条但書きは、遺言者が遺言に別段の意表示をしたときはその意思に従うと規定してからです。

2 遺言で価額弁償するべきとの規定は有効?無効?

 1034条があるからかわかりませんが、遺言で、相続財産の全部または大部分を承継した者に価額賠償するようにと書いている遺言がたまにあります。
しかし、価額弁償申出の権利は、1041条で「受遺者」と規定し、「遺言者」と規定しているわけではないので、また、上記1034条の後に価額賠償権の規定があるので条文の配置上1034条は価額賠償権を想定していないことなどから、遺言で価額賠償するべきと書いても意味がない条項となります(東京地裁平成18年6月21日判決)。

3 紛争防止か最終意思の表明か

 遺言を残す場合には、価額賠償まで定められませんので、やはり遺留分に配慮した条項を置くか否かの検討や付言事項を置いてなぜ差をつけたかの説明を置くというのが遺言の王道と言えます。
また、どのような遺言を残すかは、遺言者の自由ですので、遺留分に配慮しない、相続人間で差をつけるのは仕方がないという最終意思の表明をするのも自由です。

  • 自筆遺言書作成プラン
  • 公正証書遺言書作成プラン

最新の相続問題事例

20

相続放棄

相続人全員で相続放棄したのに、放棄前の貯金の引き出しが相続財産管理人の弁護士に発覚してしまいました。

19

遺産分割

籍だけ残っていた妻と、子どもとの長年に渡る相続トラブルを弁護士の介入で解決

18

遺言書

遺言書は書いてあるが、時間が経過して事情が変わったので、トラブル回避のために新しく書き換えたい。

17

生前贈与

相続税法第49条に基づく開示請求で、問題が解決した事例

事業承継・相続の記事

  • 橘高和芳弁護士が担当した遺産相続に関する事例が
「金融・商事判例 No.1553号」(2018年11月15日号)
に掲載されました。
  • 弁護士・税理士 橘高和芳が
週刊ダイヤモンド「相続&事業承継(決定版)」(2018年12月号)
に掲載されました
  • 相続問題事例
  • 遺産相続・遺言書に役立つ書式集
  • 遺産相続トラブル解決チャート
  • 2016年10月 日経MOOK「相続・事業承継プロフェッショナル名鑑」のP84に「羽賀・たちばな会計事務所」が、P134に「たちばな総合法律事務所」が掲載されました。
  • 弁護士・税理士 橘高和芳が
「フジサンケイビジネスアイ」
に掲載されました
(2015年11月2日(月)27面)
  • 旬刊「経理情報」2016年4月20日号(NO.1444)に「D&O保険の保険料にかかる税務ポイント」を寄稿いたしました。