生命保険協会への弁護士照会が終了

2017.4.5

1 生命保険の調査

 亡くなられた方が生命保険契約をしていたかについては、今まで生命保険協会へ弁護士会照会すると、協会に加入している約40社から回答を得ることができました。
どの相続人も知らなかった生命保険契約が判明することもあり、大変便利な取り扱いでした。

2 5月23日で終了

 ところが、生命保険協会が各生命保険会社への取次をする取扱いが5月23日に生命保険協会への到着分を待って終了するとのことです(前倒しで終了する可能性もあるそうです)。

3 今後の生命保険の調査は?

 今後の生命保険の調査は、銀行の口座の入出金照会をして、保険料と思しき出金がないか、また、銀行などが保険の加入を勧めていないかについて照会・調査していく必要があります。

最新の相続問題事例

01

解決事例

母の遺産の相続放棄を要求する手紙が、亡弟の妻の代理人という…

02

遺留分減殺請求の解決事例

父が亡くなり、同居していた姉が、何の連絡も無しに全財産を相…

03

相続放棄 ①

3年前に亡くなった父にローン会社から督促状が届きました。借金…

04

相続放棄 ②

4年前に亡くなった父に届いたのは、20年以上昔の保証債務の督…

事業承継・相続の記事

  • 相続問題事例
  • 遺産相続・遺言書に役立つ書式集
  • 遺産相続トラブル解決チャート
  • 2016年10月 日経MOOK「相続・事業承継プロフェッショナル名鑑」のP84に「羽賀・たちばな会計事務所」が、P134に「たちばな総合法律事務所」が掲載されました。
  • 弁護士・税理士 橘高和芳が
「フジサンケイビジネスアイ」
に掲載されました
(2015年11月2日(月)27面)
  • 旬刊「経理情報」2016年4月20日号(NO.1444)に「D&O保険の保険料にかかる税務ポイント」を寄稿いたしました。