生前贈与・保険加入と相続放棄の組合せによる相続対策

2017.4.17

1 相続放棄すると相続人でなくなる

 相続放棄をすると、最初から相続人ではないことになりますので、特別受益の問題は生じないことになり、また、遺言があって遺留分減殺請求を受けても、1年以内の贈与ではない、害意ある受贈者ではないと主張することになります。

2 生前贈与や生命保険加入

 上記の相続放棄の性質を利用すると、生前にある程度まとまった贈与を受けておくとか、生命保険に加入してもらう(死亡保険金受取人になる)などして、相続開始後には速やかに相続放棄をすると、生前贈与や生命保険金については他の相続人等から追及を受けにくくなります。

3 会社株式の生前贈与・相続放棄が一考に値する場合も

 そのため、被相続人の年齢、財産の内容、他の相続人の有無、税務申告の可否・内容(生前贈与については贈与税の問題があるほか、相続放棄すると生命保険金に係る相続税について2割加算となる可能性があります)などを考慮したうえでですが、一つの対策としては有効です。
特に、非上場の会社の株式を後継者に残したいという場合には、非常に効果的な場合があります(株価対策をしたうえで、株式を生前贈与して、後継者には相続放棄させるなど)。

最新の相続問題事例

20

相続放棄

相続人全員で相続放棄したのに、放棄前の貯金の引き出しが相続財産管理人の弁護士に発覚してしまいました。

19

遺産分割

籍だけ残っていた妻と、子どもとの長年に渡る相続トラブルを弁護士の介入で解決

18

遺言書

遺言書は書いてあるが、時間が経過して事情が変わったので、トラブル回避のために新しく書き換えたい。

17

生前贈与

相続税法第49条に基づく開示請求で、問題が解決した事例

事業承継・相続の記事

  • 橘高和芳弁護士が担当した遺産相続に関する事例が
「金融・商事判例 No.1553号」(2018年11月15日号)
に掲載されました。
  • 弁護士・税理士 橘高和芳が
週刊ダイヤモンド「相続&事業承継(決定版)」(2018年12月号)
に掲載されました
  • 相続問題事例
  • 遺産相続・遺言書に役立つ書式集
  • 遺産相続トラブル解決チャート
  • 2016年10月 日経MOOK「相続・事業承継プロフェッショナル名鑑」のP84に「羽賀・たちばな会計事務所」が、P134に「たちばな総合法律事務所」が掲載されました。
  • 弁護士・税理士 橘高和芳が
「フジサンケイビジネスアイ」
に掲載されました
(2015年11月2日(月)27面)
  • 旬刊「経理情報」2016年4月20日号(NO.1444)に「D&O保険の保険料にかかる税務ポイント」を寄稿いたしました。