法人向け業務

クレーム対応

弁護士の判断と対応が早期解決のポイントです

クレーム対応の目的は、顧客の要求に適切な対応をすることです。会社側としては、事実調査を行い、誠実に交渉し、謝るべきものは謝って、新たな商品やサービスの開発の契機としなければなりません。もしも対応を誤ると、解決が長引くばかりでなく、訴訟に発展して莫大な費用と手間が掛かり、悪くすれば会社の信用問題に発展しかねません。
しかし、相手側が、理由がないクレームを主張する場合や、反社会的勢力である場合には、毅然とした対応が必要となります。
当事務所では、クレーム対応にあたって、どこまでが法的に正当な主張なのか適切な判断を下すとともに、早期の対応によって、訴訟への発展などを防止します。

クレーム対応の流れと、私達がお手伝いできること

訴訟も視野に入れた、妥当な解決が図れます

事実調査

交渉の経緯を含めて、法的観点から事実関係を調査します。
関係者から聞き取りを行い、諸事情を考慮して、上位の役職者による対応をするか、すぐに弁護士対応をすべきか、方針を検討します。

受任通知(弁護士対応の場合)

当事務所が交渉の代理人になったこと、今後の交渉や連絡は当事務所が対応する旨、相手方に連絡します。

交渉

相手方の要求を確認し、当方の落ち度や賠償義務の有無を説明します。
落ち度があればおわびをし、支払義務があれば、相手方に法的根拠の説明と共に金額を提示します。また、相手方の属性や対応によっては、警察にも相談に行きます。

調停

交渉が成立しなければ、簡易裁判所などに調停を申立て、話し合いによる解決を目指します。なお、調停をせずに、訴訟を提起する場合もあります。

訴訟

調停による解決ができない場合、当方から訴訟を提起する場合もあります。 例えば、適正な賠償額としては5万円が妥当と考えても、相手方が執拗に数百万円の賠償を求めてきた場合には、債務不存在確認訴訟(この場合、5万円を超えて賠償義務がないことの確認を求める裁判)を提起することになります。

解決

各種クレーム解決をたちばな法律事務所に依頼する3つのメリット

  • 無用なトラブルを防止
    適正な対応で「炎上」防止も

    早めに弁護士にご相談いただくことで、クレームが正当か不当かの見極めがつきます。

  • 従業員の負担軽減
    アドバイスや弁護士による対応

    従業員がクレームにどう向き合ったらよいか、法的な観点からアドバイスします。また、不当なクレームの場合には弁護士が対応しますので、従業員がクレーム対応から解放されます。

  • 妥当な解決
    先を見越した交渉力

    調停、訴訟などの解決手段も見据えて交渉しますので、妥当な解決を図ることができます。

料金体系

30分ごとに10,000円(税別)

*顧問契約を締結いただいている場合は、顧問料の範囲内としています。
なお、調停や裁判の場合には当事務所規定の費用などが必要です(10~30%の顧問割引があります)。

法務と税務が絡み合う問題も「たちばな」なら一気通貫。
手間を省いて、費用を抑えて、迅速・確実に解決します。
ご相談予約・お問い合わせ

各種サービスへのお問い合わせ、法律相談のご予約はお気軽に。

電話から
06-6770-7212
受付時間/月曜日~金曜日 9:00~17:00
インターネットから(24時間受付)
お問い合わせ・相談予約フォーム

最新情報

  • 全一覧
  • コラム
  • 解決事例
  • お知らせ
弁護士コラム
クレーム対応マンション法務税務
民泊法成立
弁護士コラム
クレーム対応著作権会社法務
キュレーションサイトとカラオケ法理
弁護士コラム
クレーム対応
顧客とクレーマーを分けるものとは?
弁護士コラム
クレーム対応マンション法務税務
民泊法成立
弁護士コラム
クレーム対応著作権会社法務
キュレーションサイトとカラオケ法理
弁護士コラム
クレーム対応
顧客とクレーマーを分けるものとは?
  • 相続問題事例
  • 遺産相続・遺言書に役立つ書式集
  • 遺産相続トラブル解決チャート
  • 2016年10月 日経MOOK「相続・事業承継プロフェッショナル名鑑」のP84に「羽賀・たちばな会計事務所」が、P134に「たちばな総合法律事務所」が掲載されました。
  • 弁護士・税理士 橘高和芳が
「フジサンケイビジネスアイ」
に掲載されました
(2015年11月2日(月)27面)
  • 旬刊「経理情報」2016年4月20日号(NO.1444)に「D&O保険の保険料にかかる税務ポイント」を寄稿いたしました。