【判例獲得】家庭の法と裁判(2021年No.30)に、弁護士橘髙和芳が担当した「相続事案」が掲載されました

2021.2.1

実務上役立つ家事事件(相続など)の最新動向や裁判例を紹介する専門誌「家庭の法と裁判」に、代表弁護士 橘髙和芳が担当した事件が掲載されました。

たちばな総合法律事務所では、相続トラブル事案に注力しております。

相続に関するリーガルサポートを、ワンストップで提供しております。
まずは、お気軽に初回無料相談をご利用ください。

▼「相続」の法律問題/相続税申告の無料相談
【電話】06-6770-7212
受付:平日9時~17時
※ 電話による相続無料相談(時間制限あり)は、弁護士在席時のみ対応となります。

<家庭の法と裁判 2021年2月号 Vol.30>
成年後見人に選任された推定相続人でない親族が申し立てた特別縁故者に対する財産分与の申立てについて,申立人の被相続人との交際・援助は,親族間の通常の範囲を超え,成年後見開始後も後見人の通常の職務の程度を超えているなどとして申立人を特別縁故者と認定した上,分与の額については,申立人が被相続人の成年後見人に選任され在任期間中の17年間については983万円の報酬が付与された点に鑑みその活動を重視することはできないが,それ以前の活動についてはその援助を相応に重視すべきであり,被相続人が生前,死後申立人に全財産を贈与するとの意向を示したことも考慮して,相続財産9583万円余りの10%を超える1200万円を分与するのが相当であると判断された事例

大阪家庭裁判所 平成31年(家)第70231号(大阪家審令和元年10月21日)
当別縁故者に対する相続財産分与申立事件(請求認容)
手続代理人弁護士 橘髙和芳

相続手続き・遺産相続執行 の記事

  • 橘高和芳弁護士が担当した遺産相続に関する事例が
「金融・商事判例 No.1553号」(2018年11月15日号)
に掲載されました。
  • 弁護士・税理士 橘高和芳が
週刊ダイヤモンド「相続&事業承継(決定版)」(2018年12月号)
に掲載されました
  • 相続問題事例
  • 遺産相続・遺言書に役立つ書式集
  • 遺産相続トラブル解決チャート
  • 2016年10月 日経MOOK「相続・事業承継プロフェッショナル名鑑」のP84に「羽賀・たちばな会計事務所」が、P134に「たちばな総合法律事務所」が掲載されました。
  • 弁護士・税理士 橘高和芳が
「フジサンケイビジネスアイ」
に掲載されました
(2015年11月2日(月)27面)
  • 旬刊「経理情報」2016年4月20日号(NO.1444)に「D&O保険の保険料にかかる税務ポイント」を寄稿いたしました。