【判例獲得】家庭の法と裁判(2019年No.22)に、遺言無効確認の担当事件が掲載されました

2019.10.4

実務上役立つ家事事件(相続など)の最新動向や裁判例を紹介する専門誌「家庭の法と裁判」に、代表弁護士 橘髙和芳が担当した事件が掲載されました。

たちばな総合法律事務所では、相続トラブル事案に注力しており、
同弁護士が代表を務める「税理士法人羽賀・たちばな」では相続税申告もおこなっております

相続に関するリーガルサポートを、ワンストップで提供しております。
まずは、お気軽に初回無料相談をご利用ください。

▼「相続」の法律問題/相続税申告の無料相談
【電話】06-6770-7212
受付:平日9時~17時
※ 電話による相続無料相談(時間制限あり)は、弁護士在席時のみ対応となります。

<家庭の法と裁判 2019年10月号 Vol.22>
被相続人が、二男である被告に一切の財産を相続させる旨の遺言公正証書を作成してその旨の遺言をしたことにつき、被相続人の長男である原告が、主位的に、被相続人は被告の欺罔行為により上記の遺言をしたものであり、その法的地位を相続した原告においてこれを取り消ししたと主張し、予備的に、被相続人による上記の遺言が無効であることの確認を求めるとともに、被告は被相続人に対し詐欺によって上記の遺言をさせたもので被相続人の相続財産につき相続人の地位を有しないことの確認を求めたものの、いずれの請求も認められなかった事例

大阪地方裁判所 平成28年(ワ)第9258号
遺言無効確認等請求事件(請求棄却判決)
被告訴訟代理人弁護士 橘髙和芳

  • 橘高和芳弁護士が担当した遺産相続に関する事例が
「金融・商事判例 No.1553号」(2018年11月15日号)
に掲載されました。
  • 弁護士・税理士 橘高和芳が
週刊ダイヤモンド「相続&事業承継(決定版)」(2018年12月号)
に掲載されました
  • 相続問題事例
  • 遺産相続・遺言書に役立つ書式集
  • 遺産相続トラブル解決チャート
  • 2016年10月 日経MOOK「相続・事業承継プロフェッショナル名鑑」のP84に「羽賀・たちばな会計事務所」が、P134に「たちばな総合法律事務所」が掲載されました。
  • 弁護士・税理士 橘高和芳が
「フジサンケイビジネスアイ」
に掲載されました
(2015年11月2日(月)27面)
  • 旬刊「経理情報」2016年4月20日号(NO.1444)に「D&O保険の保険料にかかる税務ポイント」を寄稿いたしました。