羽賀・たちばな会計事務所月報3月号

2018.2.18

羽賀・たちばな会計事務所月報3月号を発刊いたしました。順次、関与先様にご送付いたします。

内容は、仮装通貨の所得金額の計算方法など、平成30年度の税制改正案のポイント(所得控除の見直し、資産課税の「家なき子」の要件の厳格化、賃上げ・生産性向上の税制など)、所得税の還付請求の期限(起算点が申告期限ではなく、計算対象年分の翌年1月1日であること)、自家用車で通院する場合の医療費控除(ガソリン代や駐車場代は対象とならない事)、領収書を再発行した場合のも印紙の貼付を要すること(再発行領収書の作成者が納税義務者であること)となっています。

相続手続き・遺産相続執行の記事

  • 相続問題事例
  • 遺産相続・遺言書に役立つ書式集
  • 遺産相続トラブル解決チャート
  • 2016年10月 日経MOOK「相続・事業承継プロフェッショナル名鑑」のP84に「羽賀・たちばな会計事務所」が、P134に「たちばな総合法律事務所」が掲載されました。
  • 弁護士・税理士 橘高和芳が
「フジサンケイビジネスアイ」
に掲載されました
(2015年11月2日(月)27面)
  • 旬刊「経理情報」2016年4月20日号(NO.1444)に「D&O保険の保険料にかかる税務ポイント」を寄稿いたしました。