節税目的の養子縁組は有効(最高裁判決)

2017.1.31

1 最高裁平成29年1月31日第一小法廷判決

 本日の平成29年1月31日最高裁第一小法廷判決によると、節税目的の養子縁組は有効、より詳しく言うと、節税目的と親子関係を構築する意思は併存すると判示しました。
上記の事案は、子が3人いて、そのうちの子の子(孫)1人と養子縁組をした事案のようです。

2 相続税対策と相続対策が両立しない例

 養子側でない子としては、法定相続分の減少を防ぐために、養子縁組無効確認訴訟を提起したものと思われますが、孫養子1人では無効とまでは認められなかったようです。
相続税対策と相続対策の両立が難しいことが多いです。上記事案では税理士が孫養子を勧めたようですが、相続紛争を誘発する危険性をどこまで説明したかはわかりません。

3 養子縁組が何でも有効というわけではない

 ただ、最高裁は、「当事者間に縁組する意思がないとき」の立証が尽くされていないと判断して、養子縁組を有効としていますので、養親の認知レベル、養子の数が多い、血縁関係がないものも養子としている、親子としての同居・交流がないなどの証拠が積み重なると、「当事者間に縁組する意思がないとき」と認定されると思われます。
そのため、養子縁組が何でも有効となるわけではない点に注意が必要です。

4 お困りの場合には

 相続手続をどう進めたらよいか分からないなどでお困りであれば、たちばな総合法律事務所へご相談ください(初回30分無料)。 ご相談のご予約は、https://law-tachibana.sakura.ne.jp/law-tachibana.jp/contact/ 又は06-6770-7212にお電話いただいてご予約いただき、お気軽にご相談ください。

事業承継・相続の記事

  • 遺産相続・遺言書に役立つ書式集
  • 遺産相続トラブル解決チャート
  • 2016年10月 日経MOOK「相続・事業承継プロフェッショナル名鑑」のP84に「羽賀・たちばな会計事務所」が、P134に「たちばな総合法律事務所」が掲載されました。
  • 弁護士・税理士 橘高和芳が
「フジサンケイビジネスアイ」
に掲載されました
(2015年11月2日(月)27面)
  • 旬刊「経理情報」2016年4月20日号(NO.1444)に「D&O保険の保険料にかかる税務ポイント」を寄稿いたしました。